YouTube関連記事

YouTubeで稼ぐためにブログを書く!

2020年1月6日

ブログで信用を稼ぐ

今回はYoutubeで稼ぐためにブログを書くという事なんですが、YouTubeで稼ぐならYouTubeを撮った方がいいと思ってしまいがちですが、実はYoutubeだけではもう稼げません。

そして、この波はどんどん高くなっていきます。
YouTubeの稼ぎかたを含めてお伝えしていきます。

YouTubeチャンネルは面白いだけでは稼げない!

おすすめの複業としてブログとYouTubeを推しています。
今までは何種類かの副業をおすすめしていたこともあるので他の記事をみていただければ分かると思いますが、今ではブログとYouTubeしか選択肢はないと思います。

ですが、文章を書くことができない動画コンテンツに自信がないという人がいると思いますので、その他の記事も残しながら情報が入り次第更新していきます。

本題に入ります。

YouTubeチャンネルが面白いだけでは稼げないという理由は、一発で伸びるチャンネルに信用はないということです。

これは信用の話になっていきますが、どうでしょう?
ぽっと出のチャンネルを運営している人から何か買おうと思うでしょうか。
それが話し方がうまくて興味を持つことができるまではいいのですが、信用というモノはすぐには貯まらないと思っています。

これはブログと同じです。

どんなにアクセスを集める記事でも、誰が書いているかを見ると記事数が少なくいきなり飛び出してきたブロガーだとしたら、逆に怪しくないでしょうか。

面白い記事ってお金で買えます。

ちょっと夢のない話に言い方が悪くなってしまうかもしれませんが、アクセスが集まる記事はお金を払えば誰でも書けます。そんなブログから何を学べるというのでしょうか。

 

どんなブログでも下手な記事があって、何かを積み重ねて来た物語があるんです。
その物語がない状態で人は成長もしないし信用もありません。

これはブログの世界とYouTubeの世界とで共通して言えることです。

 

信用こそが稼げる理由です。

 

YouTubeで稼ぐためのおすすめ動画を紹介します。

マナブさんです。

 

順序が逆だと空っぽ丸見え!

 

信用という話をしましたが、逆にアクセスが少ない記事でもひたすら書いている人もいます。現に私のブログもそんなにアクセスが多い訳ではありません。
ですが、リピーターが多い方だと思います。

爆発的にアクセスを集める記事の何に惹かれてアクセスが伸びているのかを考えてみてください。今読んでいるブログや他の記事でもいいのですが、その書いている人を知っていますか?

 

おそらく知らないという人がほとんどだと思います。書いている人というのは必ずいる訳なんですが、誰が書いているかが分からない。
その書いている人は存在しているかも分からない。

特徴も何もない方がアクセスを集めることができるから当たり前なんです。
実はここがこの先重要になって来ます。

 

面白い記事が書けなくなったらその書いている人の存在ってなくなってしまうんです。
逆に面白くなくても何か書き続けている人というのは、記事がどうであろうと存在は残ります。

存在があればいつでも何かができる訳です。

存在していない人は、また一から何かをするんですが、また中身のない即効性のあるものじゃないとできません。
いつになっても存在がない状態です。

ブログの世界は信用が第一です。
信用があればある程度の時間軸はありますが稼ぐことができます。

一本の記事や動画で結果を出してしまった人の末路は悲しいほど早いと思います。
簡単に稼いでしまった人の次はありません。

 

稼いだお金でどうにかお金を回すようにコンテンツを作ることはできますし、投資などに回せばそれから稼ぐことはできます。
ですが、一向に存在に対しての信用がない状態が続いてしまいます。

個人の時代に個人がいない状態です。

 

いつか気づくと思いますが、調子に乗っている間は気づけないと思います。

結論を短めに

結論ですが、ブログとYouTubeの共通点は「信用」です。

ブログで稼げるまで6ヵ月から1年。
YouTubeも同じくらいの期間がかかります。
これは最低限にかけるべき時間です。

才能があってポンポン稼ぎを上げる人はいますが、実は下積みが長かったりします。
それはブログやYouTubeの世界じゃないかもしれません。

 

最短3か月で月商7桁とかっていう広告のようなブログも沢山あります。その記事にはまず信用がありません。なんでやっているかが不思議です。それでもそれに食いついてくる人がいるからです。

Googleはそんな人たちを認めません。しっかりと信用を積み重ねていくことはっきり言って1年で信用は貯まらないと思いますが、1年間キチンとした存在を示していければ収益に繋がります。

 

もう面白いだけでアクセスを集める人にGoogleは広告を載せなくなるでしょう。それは信用がないからです。

YouTube自体に人を集める戦略としてそのようなチャンネルは必要だし、ある程度敷居を下げておかないと参入もして来ません。
今は間口を広げ営業マンを増やしているところです。

その後の集めるだけのユーチューバーは存在に信用がない順に稼ぐことはできなくなって行きます。
つまり道がなくなります。

ブログもYouTubeも信用を重ねて貯めていくことしか道はないということです。

 

最後までありがとうございました。

積み重ねましょう!必ず何かに繋がります。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-YouTube関連記事
-, , ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.