ブログを書く人に向けての記事

【文章を学ぶ理由】次の時代は言葉や文字を使ったコミュニティが活躍する

2020年3月13日

文章を書いて稼ぐときに初期投資は基本かからない。
かかってもサーバー代とドメイン代しかかかることはない。
無料ブログだとそれもかかりませんが、
無料だと稼げる範囲が限られているので有料のブログを作っていく必要があります。

有料ブログの作り方さえ越えていきことができれば、稼ぐことができるステージに上がることができます。
稼ぐということに特化して考えたときに、YouTubeやインスタグラム、Twitterは難易度が高いと実感しています。

それに比べてブログというステージは、
初心者にとってもプロにとっても稼ぎやすくリスクが少ない分野になります。

副業に関してはネットを使ったものをおすすめしていますので、
過去の記事を参考にしてみてください。

リライトを書きながらと思っていますが、まだ大きな変動がないので、
現状の稼ぎやすさとは変わってしまっている場合がありますのでご注意ください。

 

ポイント

スタートを早く切りたい方は有料テーマを買うと、今ではほぼ揃った状態で始めることができます。
このサイトでも使っているテーマはこちら。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

 

 

リスクが高いといってもリターンが高いとは限らない

ビジネスを考えたときにリスクが高い方がリターンが高いというイメージを持っている人が多くいます。
リスクを考えることがビジネスという人までいますが、必ずしもリターンが高いとは限りません。
そもそもそのような知識がない人はビジネスの知識が少なすぎるので本来であればリターンが高いビジネスをしてもリターンにまで辿り着けるはずがありません。

知識を付ける意味でも、最初はなるべく初期投資が少ないビジネスを選ぶ必要があります。
そして、ビジネスそのものにかかる費用だけを初期投資だと思っているかもしれませんが、スキルを上げることだったり、オンラインサロンで仲間を作ったりも初期投資の一部になるので知識をつけることを前提にまず動いてみましょう。

 

ここではやはり知識とスキルを考えた上で、ブログを使ったものをおすすめしたいと思います。
ブログを書くということで何を学ぶことができるのかを次の章で解説していきます。

 

ブログに初期投資をすることで学べること

ブログはただ文字を書くのが早くなるだけではありません。
文章を使うことによって活字の情報によるリテラシーが上がります。
まず、リスクが伴うビジネスには鼻が利くようになります。

基本的に怪しいビジネスに引っ掛かるという人は、情報に対するリテラシーが低すぎるために起こっていると思っていいと思います。

情報リテラシーとは、
情報に対する知識だけではなく、それらの知識を仕事で活用したり、自分自身にとって必要な情報だけを判断したりする能力まで含めて「メディアリテラシー」といいます。

 

ブログを書くことにより、情報に対するリテラシーを高め、文章校正を学ぶことで自分のビジネスに繋げるスキルが身に付きます。
なによりマーケティングの知識を学ぶことで、ネットに関係ない知識までついてしまう万能のスキルといえます。

ブログだけで稼ぐことに特化することなく違う分野でも使える知識を同時に付けることができるので、ブログというものを基盤に何かを進めることが必須になってくる。

良いビジネスモデルを考え付いたとしても、
伝える文章が物足りないとビジネスに発展することもなくなってしまいます。

 

次のステージは「ブランディング」

時代が変わり、マーケットも拡大しているネットビジネス。
企業のサイトが強い訳は信用の部分でしかありません。
つまり、ぽっと出の個人の進めることよりも、聞いたことがある企業の方が数倍信用があるということになります。

それは、理解できると思います。

だからこそその分野で戦っていくためには、個人の信用を高める必要があります。
個人のブランディングを上げてしまえば企業に負けることがなくなります。
自分の名前に信用がついていると、
何を言っても信憑性を持てる状態にまでなっていきますので、自分の名前をブラッシュアップしていきましょう。

 

企業にはない柔軟な考え方で、企業にはないスピード感で勝負できるステージをつくるためには、自分が何者なのかを開示する必要があります。
「この人が言うなら信用できる」というところまで成長することができれば、その後何をやっても売れるビジネスに変容していきます。

つまり、ビジネスを選ぶことをしなくても
自分の売りたいものが売れる最強の状態になるということです。

ポイント

スタートを早く切りたい方は有料テーマを買うと、今ではほぼ揃った状態で始めることができます。
このサイトでも使っているテーマはこちら。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

文章で稼ぐことの優位性を知る

 

最初にお伝えしているように、他のビジネスは初期投資のような資金に依存している場合が多くあります。
物販や投資などを考えても無資金で始めることは不可能です。

かけた資金が大きければ大きく勝負ができるというステージは資金しだいの部分が大きすぎるので頭をあまり使わない。
全てではありませんが、せどりなどを見ていても頭を使っているようには思えない。

これは、考えていないという訳ではなく頭を使っていないといこと。
普段頭を使っていない人は突っかかって来そうですが、頭を使っていない証拠になるのでそれを開示することはおすすめしていません。

 

実際、物販などで資金に依存してしまうのは当り前のことで、例えば軍資金が100万円だとしたら利率の違いはあるが、稼げる金額は見えてきます。
見えることが良くないことではありません。
文章で稼ぐと考えたときにその天井がないということに気付くと思います。

頭を使っていないビジネスをもう少し補足すると、
何かのビジネスで「成功した」「稼いだ」という人のTwitterやFacebookを見てみると分かります。

文章力がなく、子供がお小遣いを多くもらったような文章を書いていることが多く見られます。
それが、頭の悪い見られ方をしていることも分からないくらいなので相当のものです。
しかも、それで稼いでいるので成功したと勘違いしているのでこれから学ぼうとはしていません。

それが、文章を使っていないビジネスの特徴とも言えます。
情報に関してのリテラシーももちろん上がりますが、
私が一番重要視している文章リテラシーの違いを表しています。

 

文章を使って稼ぐと考えたときにはすでにリテラシーは高くなっている為、
学ぶスタイルにも幅を持たせることができます。

文章を使うことでブランディングの強化にもなり、
ファンが増えることで天井画見えないくらいの突き抜けたビジネスに変容する分野になります。

 

まとめ

何をするにも言葉や文字と接しているということはご存知の通りだと思います。
つまり、常に向き合うものを強くするのがブログということになります。

そして、定期的にブログを投稿することで作られるファンは
コミュニティになり天井知らずの売上に貢献してくれる見込み客になる可能性が高くなります。

 

ファンを食い物にするわけではなく、ファンに尽くすという考えの方が納得がいくと思います。
自分は言葉でファンを作り、ファンはその言葉に集まり、
人として信用して自分に必要なものを購入していくというwinwinのマーケットが作られるということです。

是非、文字を使いこなし情報と向き合うことをおすすめします。
ブログの始め方は別のブログでお伝えしていますのでどうぞご覧ください。
他に文章の書き方なども含めて学んでいってください。

 

最後に注意点をお伝えします。


ブログは速攻性はありません。
すぐに稼ぎたい人は頭を使わずに資金を使って稼いてください。
ブログは自分と共に育つ仕組みになっていますので自分の成長速度に比例して育ちます。

少しでも早くスタートを切りたい方は、
このサイトでも使っているアフィンガーをおすすめしています。

ポイント

スタートを早く切りたい方は有料テーマを買うと、今ではほぼ揃った状態で始めることができます。
このサイトでも使っているテーマはこちら。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

 

楽しく続けることが最高のモチベーションになります。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.