SEOno対策

Google大規模アップデートの目的は?SEO対策を学ぶ!

2019年10月30日

以前もSEO(検索エンジン最適化)についてお伝えしていましたが、大幅なアップデートということで、新しくこちらの記事でお伝えしていきます。

 

2019年10月17日と20日に大きな変動が見られたということで、9月のアルゴリズムアップデートからの動きを探ります。私のサイトはPVがまだ伸びていないのであまり気にしていませんが、検索順位が生活の柱になっていたらと思うと時間をかけて学ぶ必要があります。

 

冒頭からではありますが、今後SEOは日々進化していくと考えて動く必要があり、特定のSEO対策というものが必要なくなっていくと思います。真実を記事にしているかを追求していくしか道は残されていないと思います。どこかの記事を丸パクりのような記事は、コピペじゃなくてもGoogleさんにお見通しだということを踏まえて記事を書いて行こうと思います。

 

 

SEOを覚えれば稼げる時代が終わった!

 

まだまだSEOを覚えれば稼げるという時代は続くのかと思いきや、すでに変わって来ているのではないでしょうか。検索をすると学術記事などがトップに来ているのを見ると、信憑性の高い記事というのは、論文などを用いているものだけになっているのかもしれません。

 

学術記事や論文に勝てるSEOを学ぶという流れになっていますので、この辺はニセモノの記事が増えすぎたことが原因になっていますので、私としてはいい流れになっているのではないかと思います。

 

学術記事や論文に勝てる記事はどんな記事なのかというと、柔らかく浸透する記事というものになります。この辺は私の解釈です。世の中の人の求めるのは真実なのは当然なんですが、学者さんが伝えている、いわゆる正解というものなのか、正解じゃなくても心がやすらかにしてくれる記事なのかに分かれるということです。

 

なんでも正しいことが正解という時代ではなくなっていますので、SEOというのは今後、誰にどのような感じで、誰が伝えているのかが重要なキーワードになります。記事の内容よりも書いている人が大事という検索エンジンになります。

 

ちなみに今回の大変動では、「就職・転職」「食品・グルメ」系のキーワードのジャンルに動きがあったようです。それに加えて「健康・医学」「財務・金融・法律」などのYMYL系のキーワードの順位も変動している状況です。

 

見直しがかかったジャンルを選択して記事を書くことで、もしかしたら検索エンジンが向こうから向かって来てくれるかもしれません。PVが少なくてどうしようか悩んでいた人は、自分を信じて記事を書いていると自然と1位になれちゃうかもしれません。

 

重要なのはドメインの信頼性

 

炎上商法などを狙い急上昇するYouTubeやTwitterを見ていると、信頼性のあるチャンネルよりも、ただ単に面白いネタというのが上がっていました。それの大幅調整になるということのような気がしています。今後、面白いだけのチェンネルは上位に出て来ないでしょう。これからは、見ている人のためになっているかをAIが常に監視している状態ですので、相手のためにどんな有益な情報を提供しているサイトやチャンネルなのかを全面的に押し出す必要があります。

 

ブログやサイトなども今日昨日作ったもので、記事を量産しても手に負えないということです。地道に何かを続けていたらドメインが協力になり、そして、流入が検索エンジンだけでなく、SNSなどいろんなところから入って来ているかどうかも重要になるのではないでしょうか。

 

機械や委託で行って記事を量産してもダメ、全部お見通しという訳です。

 

良質な記事というものを考えたときにどんな記事を連想するかというと、訪れるユーザーの検索意図を探り、高品質な記事を書いていく。それに書き手の気持ちや人間味を載せていくと、内容とドメインがSEO対策になっていくと予想しています。

 

まだ予想の段階ですが、Googleの検索エンジンがこのままだと、信頼性を回復するのに時間がかかりそうなので、大幅なアップデートがあったのだと思います。面白いだけの記事をトップに表示してしまうと、一番の被害はGoogleなんです。

 

間違ってもこれからは炎上するような記事は、上位には上がることはないと思います。私たちが利用しているGoogleの信頼を取り戻すためのアップデートということなので、ドメインを強力にするには、見た人が喜ぶ記事になっていなくてはなりません。

 

Googleの方針をイメージできるかが重要

 

Googleの検索エンジンというのは、シェアを独占している状況の中、それが炎上を誘う記事だったり、PVだけを気にした中身のない記事だとしらた、世の中は間違った情報だらけになってしまうということです。

 

そこで、Googleの求める、ユーザーの求めるものをどれだけイメージできるかを考えていく必要があります。真実が必要なのは分かるのですが、とにかく真実だけを難しい言葉を使ってもっともらしい記事を書いていてもダメです。

 

基本的に分からないことを調べているのですから、分からない言葉を使ってプロのフリをしても誰も喜びません。ある程度くだいた状態の内容にする必要がありそうです。小難しいデータを並べられても見ません。分からくて検索してんだからもっと分かりやすい記事が欲しいと思うのがユーザーの意図という訳です。

 

Googleがどういう意思決定をしていくかを重要視するのですが、これもGoogleが思う、必要な記事にはならないような気がします。Googleが欲しい記事は今までユーザーが求めていない記事が多かったからです。

 

Googleが欲しい記事よりも、ユーザーが欲しい記事を書くことに意識を向けていきましょう。そうすれば、勝手にSEO対策されていきます。今までのSEOは一旦忘れた方がいいかもしれません。

 

Googleのアップデートで大切なこと

 

これは、先ほどまでの内容と被ってしまいますが、第一にユーザーのことを考えたコンテンツに集中すること。そして、専門的な内容を砕けた優しいカタチに変えて発信することです。あと、外注の記事などは一切受け入れられなくなるのは、理解できると思います。

 

今回アップデートは、Googleの信頼回復が目的です。そのために私たちブロガーは信頼性の高い記事でお手伝いをするということがSEO対策という訳です。検索エンジンが信頼されないとどうなるのかというと、ニセモノが笑い、ホンモノが涙するという世の中になります。

 

嘘の情報でも面白ければいいという世の中。だれが求めるでしょうか。それを作れるのがGoogleという訳です。Googleがどんなに信頼ある存在だとしても、検索すると嘘が半分くらい混じっている検索エンジンを誰が利用するでしょうか。

 

Googleのアップデートとは、世の中のアップデートという見方をしてもいいくらいのパワーを持っていますので、このアップデートでニセモノの記事を書いていた人はいなくなります。間違いなく半分くらいは稼げなくなります。YouTubeも同じです。

 

自然に埋もれていた記事が上がっていきますので、ホンモノの皆さんは、自分を信じて記事を書くことで、十分SEO対策になると思います。

 

長くなってしまったので、今回はこの辺にしておきます。また動きがありそうでしたら、学ぶために記事を更新したいと思います。

 

最後までありがとうございました。

 

関連記事はこちら

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-SEOno対策
-, , , ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.