ブログを書く人に向けての記事

ブログをやった方がいい理由は「稼ぐためじゃない!」

2020年1月1日

ブログ書け

最近「ブログオワコン」というキーワードを良く聞きますが、本当にオワコンなのでしょうか?

この問いに答えることは申し訳ありませんができません。

それは、質問の枠が大きすぎて答えが複数出て来てしまうからなんです。

 

一言でブログと言っても、ブログで何をしているかによると思います。

  • 広告だけで稼ぐ
  • リンクを利用している
  • contentsを販売している

などいろんな利用の仕方が存在していますので、一概にオワコンと言ってしまうのは少し的外れな気はしますが、情報で言うと「ブログアフィリエイト」はオワコンになったという話が大きく響いているようです。

 

今回は、それでもブログを書く理由をお伝えします。

 

ブログを書いた方がいいのか?!

 

私は去年くらいから副業(複業)を推進しているのですが、その中でもブログを書くことを強くおすすめしています。

その理由は「稼げるから」ではなく「稼ぎに繋げることができるから」です。

何度かお伝えしているのですが、ブログを書く人が増えていない状況です。このデータも参照で載せることができる情報がないので私の載せられないデータでの話になってしまいますが、文章を使って何かをすること自体が減っているのです。

 

時代は動画に移ってしまったからですが、音声コンテンツの充実がブログの衰退という現実を招いているようです。

 

漫画とアニメの世界感

 

皆さんは漫画を一度は呼んだことがあると思います。

ブログと動画コンテンツもこれと似たようなスタイルになっていて、漫画では表せられないものをアニメの世界は持っています。ですが、私個人的には漫画の方が好きだったりします。

これは好みの問題ですので、特に強くお伝えすることはありませんが、好き好きで利用者は増える傾向にあります。これからの時代は質×量の時代になって来ますので、どちらかが飛びぬけていても良質なコンテンツとは言えない状態になって来ます。

 

映画を観ても分かるように、映画を観るよりも小説の方が好きという人はいますし、文章で見ることが好きな人はまだまだいます。これは、音で見るよりも目で見る情報を好む人がいるということです。

音声contentsも目で見ることができますが、音が情報の間に入ってしまうので、情報がブレてしますということが原因になっています。

 

集中して文章を見て自分の脳で場面を思い浮かべることが好きな人向けになるかもしれません。

 

ブログの今後の動き

 

ブログだけで生活していた人は急いで動画コンテンツを作る必要がありそうです。ブログだけではやはり厳しい時代にはなっていると思います。ですが、ブログだけで生活することが無理な訳ではありませんので、ブログだけで生活を考えている人は続けていきましょう。

この際はGoogle検索エンジンのアルゴリズムに合わせた動きが必要になって来ますのでSEOと呼ばれる情報の知識が必要になって来ます。

 

これはYoutubeなどの動画コンテンツにも共通することなので、学んでおいて得はあっても損はないと思います。

 

ここでの結論は、ブログを書きながら動画コンテンツを同時に行うことがいいと思います。

私も動画を撮り始めましたが、ブログとは世界が違い動画は思っていることを、そのまま伝えることが難しい分野になります。声のトーンや表情も関連して行きますのでブログのように文章だけで勝負していたときと状況が一変します。

 

内容を考えると共に、雰囲気作りの勉強も合わせて行うことをおすすめしています。

 

やっぱりブログから始めることを勧めます!

 

ものすごくしつこくお伝えしていますので、聞いたことがあるという人はスルーしてください。

やっぱりブログからスタートするというのは、動画にしても物語を創っていく必要があると思っているからなんです。動画かたらスタートしてもいいのですが、短編の中身のない動画を最初挙げることはできますが、ネタ切れになってしまうからです。

 

そのネタというのがブログです。

ブロガーが動画コンテンツに強い理由はすでに物語を持っているからなんです。これを動画バージョンにアップデートする必要はありますが、力を注ぐ場所を集中させることができます。

その為、ブログと同時進行で進めることができます。

 

これはあくまで私の考えなので動画だけで勝負することは可能だとも思います。ですが、長くは続けることはできないとも思います。

先ほど他の記事でもお伝えしましたが、面白系にはお笑い芸人さんが入って来ます。その分野では素人が手を出せない分野になりそうですのでその分野を狙っている人は注意が必要です。

 

クオリティがまるで違う動画が出て来ますので、勝率は下がると思います。「面白い×何か」が必要になって来ますので、取り組む時間も増えて来ます。売れないお笑い芸人さんと呼ばれる人でも素人とでは雲泥の差があると思ってください。

その方々がこぞってYoutubeに参入して来ます。

予想ですが、頭の片隅に置いておいてください。

 

最後に、

表現の方法は沢山ありますが、流行っていることも大事ですが自分が求めるものを自分で誰かに提供するというスタイルを持つと次に必ず繋がっていきます。

流れだけを取り入れていくスタイルは疲れるだけでなく、すぐについていけなくなってしまうので、自分の表現方法を発見するのが先決かもしれません。

 

それでは長くなってしまいましたが、最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.