ブログを書く人に向けての記事

ブログのタイトルが思い浮かばない!そんなときは・・・

2019年12月18日

こんにちは

心理カウンセラー大山です。

 

ブログを書き始まるときに何を目的として書いているのかを少し考えてみましょう。私の場合は特に考えていません。

自分がどんなことで悩んでいるのかをブログを通して解決していくことで、アウトプットとインプットが同時に行えるというスタイルになります。このスタイルが実は一番ブログサイトにとっての肝になってくると思います。

 

自分が解決するのは当たり前なのですが、その解決方法を知りたかったユーザーが必ずいます。Wordpressに関していうとどこにも聞けない人は検索をして解決をしている方がほとんどだと思います。最近ではYouTubeで調べるという流れになってきているようです。

 

タイトルになるような出来事というのは、常にあることではないので、ネタを探していると必ず尽きるときが来ます。無理やりネタを探すのではなく、自分の行動を見つめてみる機会にしてみると記事が止まらなくなります。

 

 

書くことが分からないときは

 

書くことが思いつかないときはどうするのか?

 

結論です。

「今日の行動を箇条書きにしてみよう!」

 

私は仕事が終わってからブログを書いているのですが、今日一日の行動を箇条書きにするとこうなります。

  1. 朝起きる
  2. 仕事に出かける
  3. 仕事でのできごと
  4. 帰宅
  5. Youtube撮影
  6. ブログを書く
  7. Youtube編集
  8. 寝る

すごく端的な一日に見えますが例として挙げています。

 

Youtubeを編集していて何か困ることが起きたとします。

それを調べることを記事にしてしまうというやり方です。。それであれば結構ネタを考えるというより何かを解決させていると同時に自分と同じことで困っている人の助けになるんです。

これがブログの良いところです。

その記事がアクセスを集めるのであれば、そのような件で壁にぶつかる人が多いというデータにもなります。そこを何日か攻めてみる。

 

その繰り返しなんですが、どんどん困っている人が助かって行くとしたら自分の趣味のようなブログでも、ただ自分のために書いているブログでも価値が付いて来ます。

ブログの価値とは、どれだけの人の役に立てるかだと思っています。

自分の解決方法が、誰かの役に立つということです。

 

撮影したYoutubeが誰かの役に立つとしたら、アクセスは自然と集まります。タイトルに困ってしまうことがあるのであれば試してみてください。

ブログとYouTubeは似たような性質を持っていますので、読んだ方が分かりやすい人はブログサイトを見ると思いますし動画の方が見ながら問題解決ができるという利点がありますのでニーズが集まっています。

 

あなたのブログもしくはYoutubeチャンネルがどんな人の役に立っているかを考えることが大事です。

 

無理やり長引かせるような記事はやめよう!

 

タイトルでもそうですが、本質は誰かの役に立つことです。

アクセスだけを集める目的であれば、キーワードを常に追いかける必要がありますが、これは常にでなくても大丈夫です。

 

困ったときにキーワードを探すのではなく、今の情報を集めていると自然と今にフォーカスしています。人気のキーワードを探してそれを記事にする方がよっぽどアクセスが集まりますが、それを専門にやっている人と戦うことになります。

 

おそらくですが、素人にできることではないと思っています。

それよりも自分にあった内容を書いていくことが、自分の成長にあったアクセスの伸び方をしていきます。背伸びすることも必要なときもありますが、それは3年後くらいを目処に進めてみてください。

 

それまでは、とにかく自分の困ったを解決していくことが、誰かの役に立っているという気持ちだけで充分記事を書くことができるはずです。

それでもタイトルや記事で困ったときには、本や誰かのブログを見てどんなことに注目しているのかを書いてみましょう。

 

人の真似は良くないのですが、流れを見ることは必要です。

人気を保っているブロガーはトレンドを追いかけている訳ではなく、トレンドを作り出しています。

流れに乗るというよりは、流れを作るという存在になっているはずです。

 

自分の能力に合わせてブログは進化していきますので、焦らずに積み重ねていくことをおすすめします。

ブログがオワコンと言われるようになったように、YouTubeがオワコンの時代も来ます。これは流れですので次は3DのYouTubeあたりになると思います。いちいちトレンドを追いかけるのか、自分の信じた道を進むのかを考えて行動していきましょう。

あんなに流行ったミクシーを使わなくなったように、FacebookやTwitter、Instagramなども時代と共にスタイルを変えていくと思いますので、オワコンになって追いやられるのはペラサイトや一過性のものだと思いますので、自分の七のトレンドは変わらないと思います。

 

オワコンと呼ばれる背景には、価値の薄い記事が存在します。その数が多ければ多いほど騒がれやすいということです。しっかりとした記事を書いているのであれば気にすることはなく、必ず生き残ることができます。

 

今回は、ブログのタイトルを考えるときの方法と注意点をお伝えしました。

 

最後までありがとうございました。

 

関連記事

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.