SEOno対策

SEO対策!見出しで直帰率を操作できる!

直帰率

こんにちは

心理カウンセラー大山です。

 

今回はブログを書く際に気をつけること!
「見出しを変えると直帰率が下がる」

アクセスが多く集まるようになると次に気になってくるのが直帰率や滞在時間になると思います。直帰率を考える回にしたいと思います。

このように、私のサイトは複業を推進すると共に主にブログを書く事、そのブログで収益を目指しましょうという内容になっています。

 

見出しの付け方で直帰率が変わる!

 

見出しの付け方で直帰率や滞在時間が変わる一つの理由は、

「全部読みたくないから」

私が思う結論がこれです。

 

なぜ見出しや目次をウロウロする読者さんがいるのかを考えたときに、私の本を読むときのクセを思い出しました。

私は、本を読むときに全て読む本とポイントを読む本があります。

 

基本的には全てに目を通すのですが、目次を見て気になるタイトルから読み始めます。そしてそこが面白ければ次に気になるところを読み始めるのですが、一番気になるタイトルの文章を読んで面白くないとそこでその本を読むのをやめます。

 

一番気になるところで気持ちが動かなければその先に私の心を動かす部分はないと思っているからです。

100%ではありませんが、結構その先を読むことが無意味に感じる本が多かったので、このような読み方に変わりました。

 

これと同じことが起きているのかもしれないと思います。

全文を読むのではなく、気になったタイトルを見つけてそこから読む。そして、次に気になる記事に進むという流れを考えると直帰率を操作することが可能ということになります。

 

結論を言いまくる!

 

情報を全て深く知ることうよりも、自分の気になる記事を探すことに時間をかけている読者は少なくないと思います。

ちなみに目次はプラグインで作っています。以前は小さくて見づらかったのでこのブログの読み方に気づいたときに変えました。

 

Table of Contents Plusを使って目次を作成してみてください。結構簡単に目次が作れます。プラグインを検索して中の設定は難しくないので分からない人はYoutubeで検索してみると操作方法が出ているので設定してみましょう。

 

情報の断捨離をしたい人が目次を見て何をしているかというと、見出しだけで知りたいことに辿り着きたいと思っています。それを探すのに時間をかけています。ですので、見出しで読者をキャッチすることができれば記事をクリックされる確率が上がるということです。

同時に記事の内容も濃くしていかないとそこで直帰されてしまいますので、注意が必要になります。

 

結論は何個あっても大丈夫!

 

結論をいきなり書いてしまうと直帰率が上がると思ってしまいがちですが、結論をぼやかしていると記事を読まれるまで進みません。読者の目を惹きつけながら記事で心をキャッチしていくことが大切です。

 

記事の書き方にもよりますが、一回目の結論を見出しで作ってしまい記事の中にも結論を入れていくこと。

結論は記事に対して何個あってもいいので、最初に結論を書いてしまっても何も問題はありません。最後に結論で締めるカタチが望ましいので最初の結論と最終の結論を用意してみましょう。

 

結論を書くことをおすすめしていますが、結論を言ってはいますがハテナが付いてしまうものも目をひきます。「どういうことなんだろう?」とハテナで誘導することもテクニックの一つになりますので、先が気になることをほのめかすことも考えに入れてみると効果的です。

 

どんなところにも読者目線が必要になってきます。

自分が記事を読むときにどんなことを気にして探すのかを考えると見えてくるかもしれません。

 

まとめ

 

読者目線と常にお伝えしていますが、自分も読者ということを覚えておいてください。つまり自分目線で考えても答えが見つかる可能性があります。他人の目線だけで考えると答えが出なかったりするものです。

そんなときには自分だったらどんな見出しで記事を見ているのかを考えるだけで今までより効果的な見出しを付けることができます。

 

聞ける人がいたら、選んでもらうことも効果があります。

どっちの記事を読みたいのか?これだとLINEでも聞けますし話が早いく済みますので使ってみてください。

 

今日の結論ですが、

  • 見出しで結論を書いてしまう
  • 読者目線で困ったら自分の目線で想定する
  • 結論は何個あってもいい
  • 聞けるなら聞いてみる

 

是非実践してみてください!

 

最後までありがとうございました。

 

関連記事

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-SEOno対策
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.