SEOno対策 ブログを書く人に向けての記事 未分類

ブログを書くときに注意する5つのこと

ブログの注意点を解説
ブログを書くときの注意点なんてあるの?
ブログを始めたくなった人
髭先生
それでは今日は注意点をお伝えしましょう

 

無料ブログと有料ブログはルールが違うことだけは理解して始めましょう。

いくら無料ブログでアクセスを取れているからといって、有料ブログではなかなか集まらないんです。
そして、ブログを組み合わせで拡散しながらアクセスを集めることをおすすめしていますが、ブログとSNSの相性というものもありますので一概に組み合わせればいいものというものを決めることができせん。

それらを踏まえてブログを書くときに注意したいことをお伝えしていきます。

スマホ向けを意識する

髭先生
スマホで見ることを考えましょう

 

モバイルフレンドリーという言葉もあるように、モバイル端末に対応したスタイルを取っていく必要があります。パソコンよりもアクセスを集めるのが今モバイルということもあり、レスポンシブデザインに気を付けていくこと。

立ち上がりの早さを比較してみると分かりやすいのですが、パソコンとモバイルでは雲泥の差があります。
モバイルの早さを測定するサイトはこちらです。

参考

https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/feature/testmysite/

ちなみにこのサイトは3.2という結果。

 

つまり遅いってことな
大山
髭先生
・・・・・

ロングテールコンテンツを意識

ロングテールって必要なの?
ブログを始めたくなった人
詳しく説明する為には必要かもな

髭社長に聞くか

大山
髭先生
はい、私が解説します

 

文章が長いことだけを考えても仕方ないのですが、長い文章の方が可能性を感じるはず。ここでの注意はただ長い文章を書くということではなく検索エンジンに拾てもらうためのキーワードを含んだ文章にするということ。

単純にキーワードを多く含んでいると検索エンジンの上位に表示される効果に繋がりやすいということです。

もう一つ、被リンクを獲得する記事というのは解説が丁寧なのと分かりやすい文章になっていることが重要になってきます。
丁寧な文章にするために書いていると自ずと長くなってしまうものです。

AIは一文字一文字をクロールしているのではなく、いつくかの情報をキャッチしているので長い文章、文字数に注目してみることも大事な要素の一つになります。

1500文字の記事を2つ書くよりも3000文字の記事を1つ書く方が効果的ということです。

 

ってかロングテールって何?
大山
(知らないんだ.....)
ブログを始めたくなった人

 

長い尻尾ということが語源になっていることは分かると思いますが、パレートの法則で解説すると80:20という黄金比があります。
パレートの法則はマーケティングの世界では知らない人がいないほど有名です。

2割のお客様が全体の8割の売上になるという法則です。

 

レストランのメニューでも表されることがありますが、全商品の2割で8割の売上を上げるということです。
その比率はネットビジネスでは逆転してきたと言われていますが、まだまだ健在だと思っていますのでロングテールを狙うことに意味はあります。

つまり、記事全体の2割の情報が8割の情報よりも価値を見い出すということです。

長ければテールの価値が上がるということです。

 

ふ~ん
大山
なるほどですね
ブログを始めたくなった人

 

ブログでアフィリエイトをするときにも、何文字に1商品という自分のルールを決めておくことが大事。
短い記事に何個もアフィリエイトリンクがあるというのはGoogle的にはマイナスになりかねません。

何個も紹介したいのであれば文字すうを気にする必要がここでも出てきます。
CRV(成約率)が高いページだけにリンクを貼る方がいいかもしれません。そして、リライトすることをおすすめします。

更新日時を記載することもお忘れなく。
いつ書かれた記事が分からないよりも信頼性を持たせることができます。

 

なるほどな
大山

【超基本】タイトルにキーワードを入れる

タイトルにキーワードを含めるいいって聞いたんですけど
ブログを始めたくなった人
髭先生
今でも効果はあると思いますよ
ご説明しますね

 

超基本なの耳にしたことはあると思いますが、タイトルにキーワードを入れてください。
最初に入れるのが肝心です。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、やってない人は多いです。

ブログを書いているとアクセスが集められるようになります。
ドメインの力の差もあるので、集めてしまった後は外部からの流入も増えますので気にしない記事があってもいいのですが、最初はとにかく意識して書くようにしていきましょう。

ポイント

タイトルと見出し(h2タグ)にはキーワードをいやらしくない程度、いっぱい入れましょう。

全ての見出しにキーワードを入れてしまうと何が言いたいのかが分からなくなってしまいますので、一番最初とまとめくらいに入れるようにしていきましょう。

使いやすい

私が使っているキーワードサーチはこちら

https://kitsune-room.com/tools/keysearch/

髭先生
ちょうどこの辺で3000文字になっています
記事全文の長さを意識することで記事の構成が組みやすくなります
枠組み大事ですね
読んでいるとワクワクする記事が書きたいです
ブログを始めたくなった人
髭先生
ストーリーになっていると読み手が空きませんので離脱率も下がりますね

 

アクセスの流入経路にも注目

髭先生
ここはさらっと行きます

アクセス分析をしていて、キーワードやアクセス数を見るのですが、流入経路やリアクションも大きな価値と考えられます。
Twitterやハテブなどからはどのくらい訪問してくれているのか、Google検索エンジンやYahooからなど、どこから訪問してくれているのかも重要なポイントになります。

詳しくは分かりませんが、WordpressとTwitterは相性がいいと思います。
noteとTwitterも相性が良く、無料でいうとアメブロはTwitterとの相性は良くありません。アメブロはFacebookと相性がいいと思われます。
これは私のデータになりますので参考までに。

絶対避けたいスパム!

髭先生
こちらもサラっと大事なこと

 

検索エンジンスパムをやっている人はいないと思いますが、グレーの部分は見えずらいので知らずに踏み入れてしまうので注意が必要です。

ここは分かりずらいところなので分かりくポイントだとお伝えします。

テンプレになっているページ、コピペがある一定の割合を占めている(解説などは引用を使用しましょう)引用元は記載すること。
アフィリエイトの貼り過ぎ、有料リンク(一部除外)、過度な相互リンクの埋め込み

これらが大まかなスパムですが、割合などがあるため明確な数値になっていません。ですのでグレーゾーンに入らないように気を付けるしかありません。
何事もやり過ぎに注意です。

まとめ

どうでしたでしょうか?

今回は5つの注意するポイントをご紹介しました。

このようにポイントを絞って記事をかくことにより、より質の高い記事を書くことができます。SEO対策を中心にお伝えしていますが、ブログの世界も文字を並べているだけでなく読み手に満足を与えることが最重要になって来ます。

その為、いくらSEO対策をしていても離脱率が上がってしまい評価が高い記事にはなりません。
SEO対策と同時にライティングの基礎くらいは学んでおきましょう。
あとは、記事を量産しつつリライトでサイト全体の質を上げていくことです。

一つの記事が全体の評価を下げることにも繋がりますので、常にリライトを意識しておいた方が良さそうです。
あまりにもアクセスが少ない記事はタイトルの見直しをしてみること。
それでも上がらない場合は削除することも検討するべきだと思います。

注意ポイント

リライトするときにパーマリンクを変更しないようにしましょう!
全てが変わってしまいますので、リンクがあったとしても崩れます!

コレ絶対!
「一度設定したパーマリンクには触らない!」

髭先生
最後までありがとうございました
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-SEOno対策, ブログを書く人に向けての記事, 未分類
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.