ブログを書く人に向けての記事

「アクセス重視」長文よりも、引っ掛かりを重要視する!

2019年11月14日

こんにちは

ブロガー初心者大山です。

うまい文章で長文を書いたとしてもそれだけでは何かが足りないという状態のブログになってしまいます。それは、読んでくれた人がどんな反応をするのかをキャッチできていないからかもしれません。

 

中身は大したことがないのに、期待感を抱かせるタイトルで注目を集めることを「釣り」と呼びます。期待を煽ってアクセスを増やしてもがっかりするだけでアクセスが継続することはありません。

 

読者に楽しんでもらう記事を書くこと、自分ならどこに食いつくのかを考えて記事の構成を考えていけば分の長さは関係ありません。ぜひ自分を存分に発揮して魅力あるブログにしていきましょう。

 

 

記事の完成度よりも、引っ掛かりの密度

 

アクセスを増やすには、質の高い文章と写真で記事の完成度を上げればいい。と考える人も多いと思います。実際に最初に私が思っていたことです。写真は使いませんでしたが、記事の質はよく考えていました。(質は上がりませんでしたが)

 

しかし、実際には、記事の質が必ずしもアクセスに結び付くとは限りません。ブログは情報を発信するメディアである同時にコミュニティの場でもあります。私たちの生活で考えてみると分かると思いますが、正解を常に言っている上司よりも、人間味ある上司に惹かれるほうが多いと思います。

 

記事もそれと同じなんです。

正しいことを伝えるのは当然なんですが、記事の中に人間味がないと、人は惹かれないということです。

 

今は、ネットを通じて書いたものを発信する手段として、電子書籍や有料のメルマガ、note.meなど、さまざまなものが選択できる時代です。その中でブログを選択するのであればコミュニケーションのきっかけをつくることに意識を向けましょう。

 

この引っ掛かりというところを意識することで、アクセスは安定していきます。一言さん+リピーターで形成されるアクセスというものです。

 

ブログの歴史を振り返ってみると、2003年ごろにはニュース記事へのリンクと大体2~3行のコメントなどシンプルなものが主流でした。ブログが自分用の芽もという意識の人が多かったと思います。

 

ネットの中には、初期から書き続けている人もいます。たまに、リライトしないで書き続けている人もいますので、見かけたら遡って見てみるとすごく勉強になります。どこでどんな変化を付けているのかがその人のブログの歴史として残っているからです。

 

最近では、文章の完成度、画像の使い方がすごく優れたブログを見かけることが多くなって来ました。私たちはブログの完成度勝負をしている訳ではありません。自分を出して、それに共感を与えられると再度訪問してくれるといったコミュニティ作りをしているという意識で記事を書くと、アクセスが集まって来ます。

 

具体的に「釣り」ではなく、「引っ掛かりを作る」

 

読者のひっかかりを記事とタイトルに作っておくことが重要です。具体的にどのようなものが「引っ掛かり」かというと、簡単には表現することが難しいのですが、読者の質問を考え、それに自分の表現で答えることが一般的な手法です。

 

だれも知りたくないことを一生懸命解説していてもしょうがないんです。正確な情報をお伝えすることを大前提に置いておけば、少し崩した文章でもいいと思います。たまにふざけすぎて正確な内容なのかを疑ってしまう記事もありますので、崩し方は程度を考えましょう。

 

ですが、そのような記事をうまく笑い話に繋げたり、ある記事を書いた次の日に読者登録が一気に減ったなんてことも含めて記事にすると、自虐ネタとして発信することで近さを感じてコミュニケーションをとることができます。

実際、私もあるキーワードを使うと読者登録が解除される必殺のワードを持っています。ここでは書きませんが、私自体そのワードが好きなのでたまに書いてしまいます。もちろん毎回減ります。

 

記事の完成度を重要視しすぎると、ただの参考書や教科書のようになってしまいます。文章の完成度は勝手に上がって行きます。気にしないで進めることをおすすめします。大切なのは、読み手と書き手のコミュニケーションということが大切です。

 

書き上げた記事に、「引っ掛かり」になりそうな要素を混ぜてみたり、気分を変えることも大事です。書き方をいつも同じにすることで、書くのは楽になりますが、気分を変えることも大事です。

 

読者の反応を見るということをやってみましょう!

 

最後までありがとうございました。
一緒に学びながらアクセスを安定させるブログを作っていきましょう。

 

関連記事はこちら

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.