ブログを書く人に向けての記事

【ブログを書き始める】挫折する人の特徴をご紹介!「反面教師で学ぶ」

ブログの基本は目的が大事です。
目的がないと誰に書いているかがブレてしまいます。

例えば、このブログはブログを始めたい男性30代に向けて書いています。
読者のビジョンを創造することが大切なんです。

実際は、ビジョンを持ってもイメージと違う方にも見ていただかないといけないのですが、誰に向けて書いているのかがブレてしまうと口調も変わりますし、内容も変わってしまいます。

ということで、今日はブログを書く時の目的についてお伝えします。

目的を持たないと挫折する

目的は常に持っておいてください。
途中で変わっても大丈夫ですので、初期設定として設定しましょう。

参考

  1. ブログを楽しむこと
  2. 書くことに関して学ぶこと
  3. 発信の楽しさを学ぶ
  4. ライティングスキルを上げる
  5. Webマーケティングを学ぶ
  6. 収益化する

このように目的は自分の成長に合わせて進化していきます。
最初から収益化させることを目的に持ってもかまいません。

ですが、そのスタートだと挫折します。
言いきれますので、実際に始めてみて感じてください。

まずは、楽しむことをおすすめします。

ルーティンにしないと挫折する

分かりやすく言うと、書くか書かないかを迷う時点で挫折します。
迷うことなく必ず毎日書くと決めてください。
それが、続けること。つまり収益化させるまで進化します。

挫折する人の特徴は「迷う」
そして、書けるときにたくさん書こうとすることです。

思いついても1日記事と決めたらそれ以上は書かないようにしましょう。
(ただし、下書きはOK)

参考

今日2記事書いたから、明日は書かなくてもいいや!
この考えになってしまうと、結果「今日はいいや」だけ残ります。

更新する頻度を変えると、ルーティンが崩れますのでご注意ください。

 

学ぶことをサボると挫折する

「耳で学ぶ」

30日間無料体験できて最初の1冊は無料でもらえます!
隙間時間に手を使わずに本を読める!Amazonオーディブル

Audible(オーディブル)

記事の内容が決まらないという人は、まずインプット量が少なすぎます。
1記事の文字数1000文字~2000文字くらいを目指して書いて欲しいのですが、慣れたら1000文字は軽く超えます。
今は専門的なブログ以外は長すぎると離脱率が上がります。

つまり、最後まで読みません。
大体5分くらいで読めるように記事の内容を設定してみましょう。

平均で1500文字くらいを目標に書いていくことをおすすめします。
その為にはインプットを忘れてはいけません。

参考

インプットよりもアウトプットと言われていますが、インプットが少ないとアウトプットするものがなくなってしまいます。
インプット=学ぶこと
アウトプット=発信すること

大体この辺で1000文字です。(参考までに)

毎日書くことで発信頻度は十分だと思いますので、それに間に合うインプットをしていきましょう。
私は一冊の本で30記事くらいまでは応用して引き延ばせます。

本やYouTubeで耳に残ったことや、心が動いたことを書いてみましょう。
丸写しは完全にアウトですのでお気をつけください。

まとめ

今回は、ブログを開設して始めたのはいいけど、何を書いていいか分からなくなって挫折してしまうという心配をしている人に向けてお伝えしています。

日記のようなブログであれば気にしなくていいのですが、少しでも収益化させて副業にしてみたい方は挫折しないように参考にしてみてください。

最初の目的を持つというところで少しお伝えしましたが、収益化することを目的に持つことは悪いことではありませんが、ブログが収益化するのに時間がかかることが多いので途中で嫌になってしまうケースがあります。

参考

続けることが一番の成功法則!
続ける方法は「やめないこと」です。

それでは、副業戦国時代になりますので乗り遅れると不利になります。

先に走りだしてしまいましょう!

通信が気になるときは

ライフスタイルに合わせて選べるWi-Fi

 ライフスタイルに合わせて選べるWi-Fi

「プログラミングを学ぼう!」

プログラミングを学んで一歩先に進もう!
いつからでもスタートは遅くない!

超実践型プログラミングスクール【.pro】

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.