ブログを書く人に向けての記事

ブログを続ける方法は一つ!やめない方法は三つくらいあります。

2019年11月19日

今回はブログを始めたけど、続けることが辛くなってきたという時に試してみていただきたいテクニックをご紹介します。

 

ブログを書き続ける方法は?

 

早速ですが、結論です。

 

「長さや内容を気にしないでアップする」

 

分かりやすいと思いますが、それだけです。
コンテンツや長さを考えてしまうといつものように時間がかかってしまいます。どうしても毎日更新したい人向けですが、後でリライトすればいいだけですので、こっそりサボりましょう。

 

それでは、やめない方法をお伝えします。

 

 

疲れたらスタイルを変える!

 

毎日書く事は苦にならないかもしれませんが、突然忙しくなってしまって内容が思いつかないときには、自分のスタイルを崩してみましょう。更新を続ける方法でもお伝えしましたが、スタイルを保つとマンネリ化してしまいます。

 

そう思ったときが、スタイルチェンジのタイミングになるかもしれません。いつもと違うスタイルで記事を書くと、何かに気づくことがあります。そして、一生懸命書いた記事よりもアクセスが集まることなんてざらにあります。

 

不調を感じたり、スランプのときには、自分を崩すというのがテクニックです。飽きが来るとどうしても更新をサボってしまいます。アクセスが集まらないのに何で更新しなくちゃいけないのか?という変な疑問が沸いて来ます。

 

SNSを毎日更新していた人がいきなりやめてしまうのは、変な疑問のせいです。SNS疲れと同じなんです。ブログで疲れてしまうと記事に出てしまいます。

 

意識的にサボることをおすすめします。
これが一つ目のやめない方法です。

 

二つ目

 

良い意味でパクる。

 

記事をそのまま真似るのは良くないというか、やってはいけないことです。ですが、スタイルを真似ることはスキルアップに繋がります。自分のスタイルに固執してしまうと、どうしても疲れるので、疲れたと思うときは自分を変えるタイミングだと思ってください。

 

スタイルを見直すと言っても、戻っても大丈夫です。

変えたからには続けるという考えは捨ててしまいましょう。

 

さらっと三つ目

 

結論

 

毎日書くって決めない!

 

毎日書くこと自体に意味はありません。

定期的に書く事はおすすめしますが、毎日書かないとということが縛りになってしまっている人がいます。しかも、自分が決めたルールで苦しむ必要はありません。

 

以上が、続ける方法とやめない方法です。

 

極論ですが、やらなきゃいけない理由がありません。
続けたいなら書けばいいし、休みたい日は休めばいいと思います。ただ、毎日あなたの記事の更新を待っているファンがいるかもしれませんので、気持ちを更新するような形で更新を続けていければと思います。

 

 

今回は簡単ではありますが、このへんで。

ありがとうございました。

 

関連記事はこちら

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.