ブログを書く人に向けての記事

「書かないブログ」何を書かないかの線引きが必要!

2019年11月13日

こんにちは

初心者ブロガー大山です。

 

ブログを長く運営していくことにストップをかけてしまうことがある内容に関しては「書かない」というルールを設定しておくと便利です。

ネガティブな結果になってしまう内容を書いてしまうと、一時のPVを稼ぐことはできるかもしれませんが、長くは続きません。

 

安心して読んでもらえるブログにするために自分の中で設定することを心掛けてみましょう。

 

 

ネガティブを必要としている人はいない

 

記事を書いて行く上で注意したいことがこれ。ブロガーにとって普段の生活から何から何まであらゆるものがネタとなり得ます。中にはおすすめできない危険なネタもあります。特に危険なのは最終的にネガティブな結論になってしまうものです。

 

気に入ったレビューは気持ちよく読むことができますが、期待外れだった場合の文句などがネガティブな結果というものです。良くないことを書くことは大事なことですが、実は読んでいる人の気持ちを盛り上げてしまうだけなんです。

 

その訪問者のネガティブな気持ちを煽ってもブログの評価は上がりません。違うと思うことを一言だけ意見として書くくらいならいいのですが、ネガティブな言葉を続けるとネガティブなブロガーという印象を持たれてしまいますので、批判は極力書かないということをまず決めてください。

 

「一言言いたい!」も落ち着いてから書く!

 

ニュースを読んでいて何か記事にしたいと思うニュースに対しても「一言言いたい」という気持ちを少し抑える為にそのときの感情では書かない方がいいと思います。これもネガティブな方向にしか進まない書き方です。共感を少しは得られるかもしれませんが、あなたのブログの評価を落とす結果になります。

 

いつもと違う内容の記事になってしまうときには、必ず前置きをしてから書き始めましょう。雑記ブログであればいつも違う目線で書いているかもしれませんが、何かに特化しているブログが違う視点が入ると読者は面喰ってしまいます。その結果どのようなことが起こるのかというと、書いているのが違う人ではないか?という疑問が浮かんできます。

 

自分の書き方を貫く為に、前置きなどを作って自分が書いていること、いつもとは少し違う内容になっているなどを書き出しに使うことをおすすめします。

 

あなたの記事を読みたいと思っていたのに、何人かで運営していることになると読者は離れていってしまいます。人間味があるという部分では、書きたいことを書けばいいのですが、読んでくれている人がどう捉えるかを想定して書き方を注意してみましょう。

 

タイトルは正直に!

 

記事の内容はネガティブにならないようにとお伝えしていますが、タイトルは正直に書く方が目に付きます。タイトルと内容が合っていない記事をたまに見かけますが、それはもっての外です。アクセルが左右するタイトルで読者を呼び込んで違うことを記事にすることはやめましょう!

 

タイトルの仕上がりでアクセスは大きく変わって来ます。アクセスに特化した文章の書き方や、写真を含めた記事の組み立て方、目的に合わせてタイトルを付けていくことが大事です。

 

タイトルを付けるときの重要なポイントを2つご紹介します。

一つ目は、内容を過不足なく盛り込み、興味を持ってもらうこと
二つ目は、目先のアクセスを考えるのではなく、自分の気持ちを正直にタイトルにすること

 

何を伝えたいか分からないような内容の記事は離脱率が上がります。それを避けるためには、タイトルから記事の最終までが一つの物語になっているような記事に仕上げる必要があります。

 

私のブログは、ネットビジネスを始めようと思っている人に向けて書いていますが、何から始めたら分からない状態からスタートして、勧められているブログアフィリエイトとはどんなものなのか。そして、行動する一歩目を示す。ブログを書きながら次の一手を考える。そのブログの書き方を少し長めに解説しています。

 

この物語は、読者の方と一緒に収益化までを目指して進めて行きます。

 

何から始めたらいいかが分かり、ブログというものに徐々に慣れていき、慣れて来たからこそ分かる内容だったりを振り返りながら、どのくらいで報酬を得ることができるかを一緒に進めていくことで、ブログを続けることができるようになります。結果だけを見るのであれば、稼いでいるブロガーの人のサイトを見ると正解に近いことが書いてあるので、そっちを見た方が早いと思います。

 

ですが、自分にできるか?を考えたときに、自分には無理という選択をしてしまいがちです。ゆっくりと読者の方と進んでいけるブログになること、そして、ブログの楽しさを同時に伝えるブログを目指して書き記しています。

 

タイトルからの興味は自分とどれだけ重ねて考えることができるかです。

 

 

最後までありがとうございました。

楽に稼ぐことはできないかもしれませんが、楽しんで稼ぐことは可能な世界です。楽しく進んでいきましょう!

 

関連記事はこちら

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Bone ohyama

パラレルビジネスという同時進行するビジネス。 複業を推進する情報をブログを通じて発信しています。主にブログを活用した複業を解説しています。複業初心者が収益を上げるまでのプロセスをブログで表現しています。稼ぐことに特化したサイトになっておりますが、行動するのは個人の自由。

-ブログを書く人に向けての記事
-, ,

Copyright© Parallel business school , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.